原発事故に想うこと

2011-04-10

3月11日に起きた東日本大震災はまさに未曾有の大災害となりました。
亡くなられた方々、被災された方々に対し、心からお悔やみ申しあげます。

今回の大震災で、日本に、そして世界に、色んな変化が起きていることを感じています。

最初はテレビやインターネットで報道される映像の凄さにただただびっくりし・・・
知り合いや親戚の安否を尋ね・・・
この震災が日本経済にどんな影響を与えるかを懸念し・・・
福島第一原発の事故の報におののき・・・

そんな中で、被災者たちの行動に対する諸外国からの賞賛の声を多く耳にし・・・
諸外国の政府としての公的支援だけでなく、民間レベルでの支援表明に心を熱くし・・・
被災現場で起きた、また現在も起きている色々な犠牲的行動の報道に涙し・・・
政府の危機管理能力のなさ、指導力のなさに失望し・・・
・・・あらたに色んなものが見えてきました。

今、これからの復興への道のりのとてつもない険しさを感じていますが、中でも一番気がかりなのは原子力発電所の問題です。
この震災をきっかけに原発のことを調べれば調べるほど、これがどれだけ大問題であるかということがわかってきました。
そして今まで原発問題を提起する情報や人たちに接する機会がありながら、深い関心ももたず、何もしてこなかった自分を本当に恥ずかしいと思いました。
今の日本における原発のおそろしい現実は、政府やゼネコンや電力会社のせいではなく、何もしてこなかった自分たちのせいだと言えます。

今までわれわれ一般人は「原発神話」・・・「未来を担うクリーンエネルギー」・「絶対安全」・・・を知らず知らずのうちに刷り込まれ、いつのまにか容認していました。
でも今回の大震災でその神話は完全崩壊したのです。
静岡にある「浜岡原発」は活断層の上にあります。数十年の内には東南海沖地震が「絶対に」起きると言われています。
その時に「浜岡原発」はどうなるのか?
それだけでなく地震大国日本にある50を超える原発や処理施設は本当に安全なのか?

私はこれを契機に「発信する」ことと「働きかける」ことをはっきりと心に決めました。
もう無関心でいることはやめます。そして有益と思われる情報をどんどん発信していきます。
政府まかせ、組織まかせの意識をなくし、自分たち一人ひとりが正しく考え、正しく行動することでこれからの世の中を変えていきましょう。

 

私の発信第1弾として、皆さんにぜひ見ていただきたいサイトや動画をご紹介します。

【おすすめ動画】

【おすすめサイト・記事】

【放射能拡散予測】

  • ドイツ [解説]ある時点以後の放出分のみを表示
  • スイス [解説]高度別に予測しています。ある時点以後の放出分のみを表示
  • ??? [解説]常に過去放出分を含めて表示しているようです。
  • 日本 [解説]外国に比べお粗末。しかも公開されたのは半月以上経過してから。

【おすすめ書籍】

  • まだまにあうのなら 甘蔗珠恵子著 地湧社刊
    [解説]「母の心」の本です。私の妻である高草洋子が「びんぼう神様さま」を出版したのが同じ地湧社だったことから著者とお会いしたことがあります。とてもご立派な方でした。
    レインボーハウス内の「おこめキッチンらぽーむ」でも単行本になる前の「月刊“湧”増刊号」としての小冊子を置いています。

 

どうか皆さんご自身で判断して頂き、ご賛同頂ける方はこれらの情報をあなたの大切な方々にぜひ伝えてあげてください。
よろしくお願いいたします。

 レインボープランズ株式会社
代表取締役   高草 俊和